So-net無料ブログ作成
検索選択

21年湯花祭

『湯花祭』とは
平安時代に宮中の清涼殿東庭で正月10日及び18日に行われた「さぎちょう(三毬杖、左義長)」という吉書を焼く儀式に由来しています。正月の年神様を迎え入れ、古い御札と共に再び帰ってもらおうとするものです。一般には「どんど焼き」などとして知られますが、花園神社では昔から「湯の花神事」や「湯花祭」と呼ばれています。この火で沸かしたお湯を神前に供え、同じ湯でつくった甘酒が参拝者にふるまわれます。
湯花祭斎場
湯花祭1.JPG
湯花祭2.JPG
湯花祭拝殿内
湯花祭3.JPG
斎場にて
湯花祭4.JPG
湯花祭5.JPG
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。