So-net無料ブログ作成

21年元旦風景

拝殿正面
新年1.JPG
新年2.jpg
新年3.jpg
新年4.JPG
南参道
南参道.JPG
花園島田囃子による獅子舞
獅子舞1.JPG
獅子舞2.JPG
獅子舞3.JPG
獅子舞4.JPG
獅子舞5.JPG

鬼太郎お参り風景 20年12月13日

「ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!」大ヒット祈願
お参り①.JPG
拝殿前にて
お参り②.JPG
お参り⑤.JPG
かなり怖いんですが・・・・・
お参り③怖い.JPG
お参り④.JPG
集合写真
集合写真.JPG

20年大酉祭(新宿酉の市)

三の酉 拝殿前の風景宵闇.JPG
正面①.JPG
正面②.JPG
正面③.JPG
拝殿からの風景外観②.JPG
拝殿脇
外観①.JPG
熊手屋台(花園神社では約60店の出店があります)熊手屋台①.JPG
熊手屋台②.JPG
熊手屋台③.JPG
神楽殿にて花園島田囃子
神楽殿①.JPG
神楽殿②.JPG
獅子舞
神楽殿③.JPG
見世物小屋(今では大寅興行社のみとなりました)
見世物小屋②.JPG
見世物小屋①.JPG

20年盆踊り

盆踊り風景
1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
太鼓は新宿太鼓会
新宿太鼓会.JPG
村松直則、京極加津恵による新宿音頭生演奏
京極.JPG
京極2.JPG

神幸祭(宮神輿渡御) 20年5月25日(日)

宮出し 宮司挨拶 1.JPG
2.JPG
3.JPG
宮出しの際には小雨が残り不安な宮出しとなりました
4.JPG
本社神輿宮出し 5.JPG
明治通り渡御 
本社神輿を担いでいるのは三光町町会の方々です 6.JPG
靖国通り渡御 雷電神輿を担いでいるのは新宿園町会の方々です 7.JPG
副都心線開通を記念し渡御行列を手古舞が先導しました
8.JPG
靖国通りを渡御する二基の宮神輿 本社は新宿園町会 雷電は三光町町会9.JPG
昼食休憩後 本社を担ぐ番衆町町会
10.JPG
本社神輿を担ぐ花園町町会
29.JPG
新宿二丁目仲通り渡御 本社神輿は二丁目町会 雷電神輿は一丁目町会
11.JPG
12.JPG
新宿二丁目仲通りにて銚子跳ね太鼓保存会演舞
13.JPG
明治通りバイパスから新宿通りへ向かう山車14.JPG
新宿通りを渡御する雷電神輿 担ぎ手四丁目町会15.JPG
新宿駅南口付近を渡御する二基の宮神輿 
本社神輿三丁目町会、雷電神輿四丁目町会
16.JPG
高島屋正面玄関到着 本社神輿と雷電神輿17.JPG18.JPG
高島屋正面玄関にて副都心線開通祝辞
19.JPG20.JPG
神社への復路 明治通り
21.JPG22.JPG

神社への復路 新宿通り
28.JPG
宮入り風景
27.JPG23.JPG24.JPG25.JPG26.JPG

本年も関係各位の様々なご協力を賜り、事故も無く盛大な神幸祭を斎行する事が出来ました。


大祭式 20年5月24日(土)

手水風景
1.JPG
2.JPG
修祓風景
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
総拝
8.JPG
御扉開扉
9.JPG
献饌
10.JPG
斎主祝詞奏上
11.JPG
献幣
12.JPG
13.JPG
献幣使祭詞奏上
14.JPG
斎主玉串奉奠
15.JPG
献幣使玉串奉奠
16.JPG
参列者玉串奉奠
17.JPG
直会風景
18.JPG
19.JPG

例大祭宵宮祭風景 5月23日

拝殿 修祓
1.JPG
宝物殿
3.JPG
拝殿
4.JPG
参列者祓い
5.JPG
御魂遷御
6.JPG
8.JPG
宝物殿前
10.JPG
11.JPG
玉串奉奠
12.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

合同自衛消防訓練 2月26日


1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG5.JPG消火栓1.JPG消火栓2.JPG消火栓3.JPG消火栓4.JPG消火器1.JPG消火器2.JPG
花園神社、エイチアイ・インターナショナル㈱、㈱伊勢丹の三社合同で自衛消防訓練を行いました。

神社に隣接しているエイチアイ・インターナショナル㈱のビルでははしご車による救助訓練とビル内の人員の避難訓練が行われました。

境内での消火訓練風景


建国祭(2月11日)

 花園神社建国祭風景(20年2月11日)

神楽殿前の白梅も5分咲きくらいです

宝物殿前の紅梅は1分咲きくらいです。

花園神社氏子青年会による餅つき

餡子の奉納と餅米を蒸していただいたのは㈱花園万頭さんです。

御蔭を持ちまして今年もおいしい お餅をつくことができました。

君が代斉唱ののち国旗掲揚。

 

紀元節斉唱風景です。

今回は橿原神宮遥拝風景と万歳三唱風景の写真を撮り忘れてしまいアップできませんでした。


平成20年節分祭追儺式

新宿も積雪を伴う降雪に見舞われ一時は節分祭追儺式の斎行も心配されましたが、降りしきる雪の中、関係団体のご協力により無事斎行することができました。

神楽殿脇の白梅 二分咲きくらいです  ↑

 

神楽殿の中では萩原彦太郎社中によるお囃子の演奏

 

『鬼問答』

宮司『今し、数多の年男・年女が参加せる平成20年の節分祭の斎場(ゆにわ)に 

   もそりもそりとしのび来るは何者ぞや』

鬼『我等こそははるばる山越え海越えて日本の国にたどり来たる鬼共にて候』

 

宮司『鬼とやな 何故ありてこの斎場を穢さんとするものぞ』

鬼『住むに家無く着る衣類(もの)無きは更なり、この数日食うに物無くも餓死するにより

  神前のお供え物を盗み盗らんがためなり』

宮司『瑞穂の国は美わしく 国土は豊かなれど、さては諸々の禍事(まがごと)により

   国民苦しむは鬼共の為す業ならんや』

鬼『さることやあらん』

 

宮司『この鬼共が 然れども、神は善く慈しみを垂れ賜うにより是なるお供えの餅を

   いただきつかわすにより この斎場は更なり

   富士と桜の大和島根をとくとく退散するものぞ』

 

鬼『神の恵みのありがたや 神の恵みのありがたや』

福の神(恵比寿・大黒)の舞

年男・年女の参列者による福袋配布風景


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。